印鑑が必要になる場面集

認印(みとめいん)

何かを届け出る時及び「受取りました」「見ました」等のサインとして使用するもので、届出や登録をする必要はなく、法的効力もほとんどない為、重要な場面で使用する事はほぼありません。

銀行印(ぎんこういん)

銀行口座を開く際に、口座名義の方の印鑑を用意する必要があります。
どの口座でどの印鑑を登録したか忘れがちなので、わかるようにしておきましょう!

実印(じついん)

法人は法務局で、個人は役所で印鑑登録したものが実印となります。登録して初めて実印として生まれます。
とーっても大切な物なので、無くさないようにして下さいね。

会社設立する時
  • 会社実印:法務局に登記をする際には会社の名前が入った実印が必要になります
  • 会社銀行印:会社の口座を開く際には会社名の入った銀行印が必要になります
  • 会社認印(角印):請求書・領収書・納品証等に必要になります
    (認印は登録するものではないので、ゴム印等でも大丈夫です)
  • ゴム印:請求書・領収書・納品証等には住所・屋号・代表者氏名・電話番号等の入ったゴム印を使用します。領収書等に直接印刷することもあるので、必ずではないです。その他にも書類関係等に出番が多いので必須です
実印が必要な時
  • 法人実印:法人登記時・企業間の重要な取引や契約時・銀行などから融資を受ける時・不動産売買時など
  • 個人実印:マイホームや車などの購入又は売却時・遺産相続時・生命保険や自動車保険など加入時・ローンを組む時など
    (法人も個人も、主に大きなお金が動く時に必要になってきます)
銀行印が必要な時
  • 銀行等金融機関で口座を開設する時
  • 各種支払で口座振替を申し込む時
  • その他(口座関係以外に何かあるかな??あったら詐欺ではないかと疑って下さい)
認印が必要な時
  • 法人認印:請求書・領収書・納品書等、住所印の横(少し被さるよう)に押す
    企業間の書類等で「ここに会社の認印を押して下さい」と言われた時
  • 個人認印:宅配便等の受取時(最近は無くても良い場合も多くなってきた)
    婚姻届・離婚届・履歴書等の提出物 受取りました・見ました等のサインとして使用する場面が多い

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次